糖尿病の診断

糖尿病の診断とは、血糖値の数値が基準値より上の状態がなっていると糖尿病と云われます。
検査で、空腹時の血糖値が126mg/dl以上で、75g糖負荷2時間値が200mg/dl以上の時、糖尿病型と言われます。
また、随時血糖値が200mg/dl以上の時も同様です。(糖尿病型とは、検査上のことです。)

実際に糖尿病と診断されるのは、上記の3条件のいずれかが別の日に確認された場合です。
つまり、糖尿病と診断するには、2回の検査が必要ということです。

また、血糖検査をしなくても糖尿病と診断できる場合があります。

糖尿病型と判定されていて、糖尿病特有の症状(口渇、多飲・多尿、体重減少)などある時。
糖尿病型と判定されていて、過去に高血糖値を示したデータが有る場合。
過去に糖尿病と診断された病歴があり、糖尿病性網膜症が存在している場合。
HbA1cが6.5%以上の時などです。


HbA1c(ヘモグロビン・エィワンシー)とは

高血糖状態が長く続くと、血管内の余分なブドウ糖は体内の蛋白と結合します。
赤血球の蛋白ヘモグロビン(Hb)とブドウ糖が結合して、グリコヘモグロビンというものになります。
HbA1c(ヘモグロビン・エィワンシー)とは、このグリコへモグロビンの中の糖尿病と関係するものを言います。

HbA1c(ヘモグロビン・エィワンシー)の正常値は、4.3〜5.8%で6.5%以上あれば、ほぼ糖尿病と判断されます。