糖尿病と合併症

糖尿病の合併症


糖尿病は合併症の病気といわれるほど、治療の主目的は合併症の予防と病気の進行を抑えることです。
糖尿病合併症は、急性合併症と慢性合併症のふたつに分けられます。

急性合併症の例では、糖尿病性昏睡と急性感染症があります。
これらは、インスリン療法等により、いちじるしい改善が見受けられます。
いまだに、意識障害や多臓器障害を併発する可能性があり、生命に関わる重篤な病気です。

慢性合併症は、血管障害合併症とその他の合併症に大きく分けます。
血管障害合併症は、細小血管障害と大血管障害(動脈硬化性血管障害)に分けます。
細小血管障害は、糖尿病の特徴的な合併症で、網膜症・腎症・神経障害の3つを糖尿病3大合併症と言います。



3大合併症


糖尿病に特徴的な合併症で、細小血管(毛細血管)の病変から始ります。
糖尿病性3大合併症いわれているのは、網膜症、腎症、神経障害のことをいいます。
糖尿病慢性合併症のやっかいなところは、気づかないうちに病気が進行していくことです。

糖尿病神経障害は、比較的早い段階から現れて、足がしびれたり、痛みがあったり、足がつったり、冷えがあったり、ほてったりします。
悪化すると、ちょっとした傷や火傷が治りにくくなり、そこから壊疽になってしまい、最後には切除せざるを得なくなります。

糖尿病網膜症は、眼底の血管が詰まったりして、出血して失明してしまうことです。
成人の失明の原因では最大で、年間3000人が失明しています。
自覚症状が無いので、定期的に眼底検査を受ける必要があります。

糖尿病腎症は、腎臓の機能(血液のろ過)が働かなくなり、血液中の毒素が尿として排出されずに、むくんでしまいます(腎不全)。
腎不全は、進行すると人工透析が必要になり、糖尿病腎症から人工透析に移行する人は年間1万2千人で、透析患者の3分の1を占めています。



糖尿病動脈硬化症


糖尿病の合併症の一つで、動脈が狭くなったり詰まったりして血流が悪くなる症例です。
糖尿病動脈硬化症で、血流が悪くなった足は、壊疽と同じように切断するしか方法がありませんでした。
糖尿病動脈硬化症の治療として、マゴットセラピーやカテーテルで詰まった血管を広げたり、他の血管をつなげるバイパス手術があります。

この治療法は、太い血管が対象で足先の細い血管は治療が容易ではありません。
最近は、患者本人の骨髄から「単核球」という白血球の一種を、血管の周囲に注入して細胞移植する方法があります。



その他の合併症


糖尿病は、糖尿病自体が高血圧や高脂血症、肥満、喫煙などの因子と絡むことで、動脈硬化を進める危険因子となります。
動脈硬化が進むと、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などが、発症しやすくなります。

糖尿病合併症は自覚症状が無いので、早めに治療に取り組んで行くことが重要です。
糖尿病合併症よって、生活の質を低下せざるを得ず、寿命を大きく縮めて行くことになります。