インスリンとは

生命を維持していく上で必要な栄養素は、糖質、蛋白質、脂肪の3つです。
この栄養素が、消化・吸収されてブドウ糖(血糖)が合成されます。
血糖は体温の維持や筋肉、脳細胞を働かせるために必要なエネルギー源です。

この血糖をエネルギーに利用する際、インスリンというホルモンが大きな役割をはたします。
血糖が高くなるとインスリンが大量に分泌します。
血液中のインスリンが増えると、血糖が消費が促進されたり、グリコーゲンや脂肪の形で体内に蓄えられます。


インスリンは、体の中で血糖値を下げる唯一のホルモンです。
食後の血糖が、上がらないように調節する働きが有ります。

また、血液中のブドウ糖を細胞に送り、エネルギーに変えます。
脂肪やグリコーゲンというものに変えて、エネルギーとして蓄えておく働きをします。

つまり、ブドウ糖をコントロールしているのがインスリンです。

インスリンが不足したり、うまく作用しないと、ブドウ糖が取り込まれなくなります。
血液中のブドウ糖が使えなくなって、血糖が上がってしまうのです。

そうなると、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれなくなり、全身のエネルギー不足に陥るのです。


インスリンの分泌が少量だったり、インスリンの刺激に細胞が反応しなくなって、高血糖の状態が続くと糖尿病になります。