糖尿病とインスリン療法

儀薪尿病とインスリン療法


儀薪尿病の人は、原則としてインスリン注射が不可欠になります。
儀薪尿病は、免疫異常やウィルス感染で、インスリンを分泌するランゲルハンス島β細胞が破壊されます。
儀薪尿病の人は、多くの場合、自分でインスリンをつくることが出来ません。

儀薪尿病を、発症したらすぐに、インスリン療法を行わなければいけないのです。
儀薪尿病は、1921年にインスリンが発見されるまで、発病したら最後は死に至る病でした。



況薪尿病とインスリン療法


況薪尿病 の人でもインスリンを用いる場合があります。
況薪尿病 の人でインスリンの分泌を促すタイプの経口剤を服用しても、効果が無い場合インスリン療法になります。
最近は、効果がなくなる前に、早めにインスリン療法に切り替えています。

そうすると、すい臓を休めることになり、再び経口剤の治療に戻せることがあります。

また、何らかの理由で高血糖が続いて、インスリンの分泌が低下し、効きも悪くなることがあります。
「糖毒性」と呼ばれる症状です。
これを解消する方法は、インスリン療法が最も効果があります。



況薪尿病の新治療薬


況薪尿病の治療で、ある薬が注目され効果を期待されています。
「GLP-1」という膵島のベータ細胞を活性化させるホルモンに関連した薬です。

「GLP-1関連薬」と呼ばれて、インスリンの分泌は促進するが、血糖値が高い時だけ作用します。
今までの薬より低血糖を起こしにくいと言われています。
また、食欲を抑え、体重がへるという効果もあります。

現在治験中ですが、糖尿病の治療を一変させる可能性があり、学会で注目されています。



その他の病気とインスリン療法


インスリンを用いて治療する病気には、すい臓の病気(すい炎・すい臓がん)があります。
儀薪尿病と同じで、インスリン注射が必要になります。

その他には、妊娠中にもともと糖尿病の人はもちろん、高血糖が発見された場合にもインスリン治療をします。
妊娠中は、胎盤から分泌されるホルモンの影響で、インスリンの働きが悪くなることによります。